仕事の癖を把握しておく

言葉遣いに注目

言葉遣いが、風俗で働く人の特徴だと言えます。
言葉遣いが悪いという意味ではありません。
独特な業界用語を使っているという意味になります。
風俗のお店は街中にたくさん見られますし、キャバクラやソープ、風俗エステなどジャンルも異なります。
ジャンルが違う場合でも、業界用語はほとんど同じなので調べてみましょう。

例えば、時間を言う時に1時間ではなく60分と言ったりします。
風俗では時間制限を決めて、お客さんに接客します。
その時に60分や120分というお店がほとんどなので、自然と時間を言う時はそのようになってしまうと言われています。
無意識にその言葉を発している女性がたくさんいるので、判断する時は言葉遣いをよく聞きましょう。

ホテルに詳しい人

お客さんがお店に来て接客するタイプの風俗もありますし、お客さんがスタッフやホテルを指名して、そこに派遣されるシステムの風俗もあります。
後者で働いている場合は、いろんなホテルに派遣されるので自然とホテルの情報に詳しくなります。
ですから、風俗で働く人の特徴はホテルに詳しいことです。

どこにどのようなホテルがあるのかということから、内装や1泊した時の料金など、使わなければわからないことまで具体的に把握しているところが特徴です。
仕事でホテルを使うという人も見られますが、その場合は幅広いホテルに泊まらずいつも同じホテルだと思います。
いろんなお客さんから指名を受ければ、それだけ行くホテルの数も増えます。
ですから、幅広いホテルに詳しくなります。